« 紙版すくも便り | トップページ | 「だるま夕日びらき」があります »

2006年11月10日 (金)

グレープフルーツと親戚

文旦は、グレープフルーツと親戚なんです。
そういえば、大きさや色や、ほんのり苦味のある味も似てるような気がしますね。
グレープフルーツはご存知のとおり、グレープ(ぶどう)のように、実が房になってなることから名付けられたそうですが、文旦も房のようになるんですよ。
ただ、房のようにならすと一つ一つの実が大きく成長しないため、房の中でもよい状態の実だけを残して、他の実は落としてしまいます。(摘果 てっか、と言います)
もったいない気がしますが、摘果の善し悪しで文旦の出来が左右されるので、大切な作業なんです。
でも、たまには房の中で数個残すこともあります。
そんな実を見つけたので、動画で撮ってみました。
数個残ったのに、みんなで仲良く大きく育っていますよ。
小さい時に葉がすれたせいでしょうか、傷がついていますが、おいしそうな実です。
色もずいぶん黄色く色づいてきました。


(動画の再生時に音が出ますので、ご注意ください。)

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

|

« 紙版すくも便り | トップページ | 「だるま夕日びらき」があります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グレープフルーツと親戚:

« 紙版すくも便り | トップページ | 「だるま夕日びらき」があります »