« 文旦のランクについて | トップページ | 文旦畑 »

2006年12月20日 (水)

マルチ栽培

今日は「マルチ栽培」という文旦の栽培方法を紹介します。
↓この畑が「マルチ栽培」をしている畑です。
(動画の再生時に音が出ますので、ご注意ください。)




「マルチ栽培」とは、地面に白いシートを敷き詰めて栽培する方法のことです。

06122011

↑畑を上から見てみると、地面に白いシートを敷いているのがよくわかると思います。

06122012

このマルチ栽培の目的は、「雨よけ」と「採光」です。
地面にしみ込む雨量を少なくすると、甘くおいしい文旦の実に成長します。
また、白いシートを敷くことにより太陽光を下から反射させ、日の当たりにくい樹の下側にもまんべんなく日を当てることができ、むらなく熟したおいしい実になります。

06122013

↑樹の下側にある実です。12月初旬に撮りました。
まんべんなく黄色に色づいていますね。
普通の栽培方法なら12月初旬ではまだ緑色が残っている状態なんですが、マルチ栽培のおかげで色づきが良いことがよくわかります。
また、試食してみたところ、糖度も高くとてもおいしかったです。

マルチ栽培は、温州みかんの栽培では普及しているようですが、文旦の栽培ではまだ普及は少ないようです。
シートを敷く、重い砂袋で押さえてシートを飛ばないようにする、それでも台風の強風ではシートが飛んでしまうのでまた敷き直す、等とても労力のかかる栽培方法ですが、よりおいしい文旦のため、これからも工夫を重ねていきたいと思っています。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

|

« 文旦のランクについて | トップページ | 文旦畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチ栽培:

« 文旦のランクについて | トップページ | 文旦畑 »