« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月28日 (月)

暑いですね

08072811

連日暑い日が続きますが、皆様お元気でおすごしですか。
宿毛も相変わらず暑いです。
熱中症などに気をつけて夏を乗り切りましょう。

さて、畑の文旦は、暑さもなんのその!と順調に成長していますよ。
色はまだ濃い緑色ですが、またまた大きくなっています。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

文旦に糸をつけています

08072611

昨日、やっと第1回目の摘果作業が終わりました。
次の作業は「文旦に糸をつける」作業です。

08072612

これは手芸用の糸を、25センチ程の長さに切り揃えて100本ずつ束にしたものです。
この糸を文旦の実ひとつひとつに結びつけるんです。

08072613

この糸が文旦にどんな効果があるのか、不思議ですねぇ。
ヒントは糸は100本ずつの束にする、というところ。

08072614

1本の文旦の木に、実を何個ならすか、という目安にするんです。
木の大きさにもよりますが、1本の木に130個〜300個の実をならすのを標準にしています。
でも、その木に実が何個なっているのかを数えるのはたいへんです。
糸をつけることによって、何個なっているか数えやすくなるんです。

08072615

全部の木に糸をつけるわけではありません。
目安にする木を決めて、その木に糸をつけて、他の木は目安の木の実のなり具合を参考にしながら摘果します。

摘果の出来不出来によって、文旦の実の大きさがずいぶん変わってきます。
摘果不足だと小さい実ばかり、摘果しすぎると大きい実ばかりになります。
ちょうどいい大きさの実に育てるために、摘果はとても大切な作業なんです。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

文旦デザートの紹介

08071911

少し季節外れではありますが、文旦を使ったデザートの紹介です。
シーズン中に写真を撮ってたのに、紹介するのを忘れてました。

東京南青山の有名なお店のパティシエさんが作ってくださいました。
もちろん、まつおか文旦堂の文旦を使用です。

あっさりした甘さで、文旦の香りがちゃんと残っていて、ほんのり苦みもアクセントになって、とってもおいしかったです。

文旦を半分に切って、実をくりぬいて容器にしています。
中は文旦を使ったムースが入っていて、周囲にあるのは皮で作ったマーマレードが乗っています。
それから上に乗ってる茶色いのは、皮を拍子切りにして砂糖煮にしたものにチョコレートをコーティングしたものです。

高知の端っこの田舎で作った文旦が、東京に行って有名なお店のシェフさんやパティシエさんのお世話になって、こんなに立派でおいしいデザートになって里帰りしてくれて、農家冥利につきます。
とてもうれしかったです。
ありがとうございました。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

豊ノ島やった!

大相撲名古屋場所初日の今日、結びの一番で、宿毛市出身の我らが豊ノ島関が、横綱朝青龍を破りました!
この調子で最終楽まで突っ走って欲しいです。
宿毛市民みんなで応援しています♪
フレーフレー!豊ノ島!

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小学校に植えた文旦です

08071311

先日、咸陽小学校の校庭に行ってきました。
植樹させていただいた文旦の木と小夏ちゃんの木、少しですが大きく育っていましたよ。

↑上の写真が文旦の木です。
↓下の写真が小夏ちゃんの木です。

08071312

紙版「すくも便り」10号(今年発行分です)をお持ちのかたはぜひお手元に持ってきてください。
植樹している写真と比べてみてください。
成長した様子がわかると思います。

草刈りをしたり、水やりをしたりと、大切に育ててくださってるようで、とてもうれしいです。
もちろん水だけでは成長に限りがありますので、時々見に行っては肥料をやったりもしています。
この調子で大きく育って、早く大きな実をつけて、小学校のみんなに食べてもらいたいです。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

暑いです

2008070807370000_2

梅雨も明けて、すっかり夏!の宿毛です。
むしむしと暑く、水分補給とミネラル補給が欠かせません。
昼間は暑すぎるので、朝早くから農作業を始め、昼休みを長めにとる「夏シフト」で乗りきります。

文旦の摘果作業の様子を動画で撮りました。
下のリンク先をクリックしてくださいね。
(動画の再生時に音が出ますので、ご注意ください。)

動画の再生はココをクリック

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

キビナゴを紹介します

いよいよ宿毛も梅雨明けでしょうか。
昨日はとてもムシ暑い1日でした。
今日も暑くなりそうです。
これからの季節は熱中症等に気をつけながら、農作業に励みます。

08070411

今日は宿毛の旬の海の幸「キビナゴ」を紹介しますね。
3月頃から今頃まで、宿毛湾近辺で獲れます。
↑先日は、漁業関係の友達からたくさんおすそ分けをいただきましたよ。
指ほどの小さくて細い魚ですが、これがおいしいのなんのって!
刺し身でよし、焼いてよし、揚げてよし、なんです。

08070412

↑南蛮漬けにしてみました。

08070413

↑こちらは刺し身です。
どうなってるかと言うと、、、

08070414_2

↑アップで撮ってみました。
頭やハラワタをとって、くるんと二つ折りにしたものを、お皿に丸〜く並べるんです。
これが宿毛流のキビナゴの刺し身です。
醤油に少し七味を入れて、いただきます。

うちのいさおはこの刺し身が大好きでリクエストされるんですけど、キビナゴが小さいもんですから、こうやって刺し身にするのはとても手間がかかるんです。
でもせっかくの宿毛の旬の味なんで、時々がんばって作っています。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

摘果作業をしています

摘果作業中のいさおです

今日から7月。
1年の折り返し地点にきましたね。
今朝の宿毛は朝からスカッと晴れました。
文旦の摘果作業も順調です。

今日の高知新聞の記事ですが、宿毛のお隣、ダイビングのメッカとして有名な「高知県幡多郡大月町柏島」の海の幸満載の詰め合わせが販売されてるそうです。
注目は、発送に合わせてテングサを炊いて作ったところてん。
こちらではところてんは、カツオとコンブのだし汁でいただきます。
他にも、すりみの揚げ物など手作りで健康的な海の幸がいっぱいでとても美味しそうです。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »