« 小夏ちゃんについて | トップページ | 文旦の最終セールと小夏ちゃんのお知らせ »

2012年3月20日 (火)

小夏ちゃんの紹介です

09040111

4月〜5月が旬の小夏ちゃん。
まつおか文旦堂で販売しているため文旦の仲間と思われがちですが、全く違う品種の柑橘です。

小夏ちゃんは「日向夏」「ニューサマーオレンジ」とも呼ばれます。
こちら高知では「小夏(こなつ)」と呼ばれています。
高知県では昔から食べられているとても馴染みのある柑橘ですが、他県へはあまり出荷されていないようです。

まつおか文旦堂で栽培してる小夏ちゃんは「すくも小夏」と呼ばれ宿毛市が発祥の品種です。
従来の品種の小夏と違う特徴は、とても甘いこと。
今までの小夏は酸味があって苦手と言うかたでも、宿毛の小夏ちゃんはとても甘いのでご好評をいただいています。

そんな人気者の小夏ちゃんですが、欠点もあります。
きれいな皮の実に育てるのが難しいこと。
きれいな皮の実は「贈答用」、ゴツゴツした皮の実は「家庭用」として選別します。
また外皮が固く、実がとても柔らかいため、温州ミカンのように手でむくことは難しいです。
りんごの皮をむくように、包丁でクルクルとむくんです。

09040112

↑こんなふうにむく柑橘って珍しいですよね。

09040113

↑外皮の内側部分の白い綿のところは、残してむきます。
この白いところと実を一緒に食べるのも、小夏ちゃんの特徴ですね。

10041411

↑桃の実を食べる時のように、そぎ切りにします。
とてもジューシィでゼリーのようなプルプルの果肉は、一度食べるとやみつきになっちゃうおいしさ。
とろけそうなほど柔らかく熟した小夏ちゃんを、ぜひ食べてみてくださいね。

※文旦、小夏ちゃんのご注文はこちらの「商品一覧」ページからどうぞ。

Copyright まつおか文旦堂「すくも便り」 All Rights Reserved.

|

« 小夏ちゃんについて | トップページ | 文旦の最終セールと小夏ちゃんのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小夏ちゃんの紹介です:

« 小夏ちゃんについて | トップページ | 文旦の最終セールと小夏ちゃんのお知らせ »