« 2016年5月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月26日 (土)

◎文旦と小夏ちゃんの販売について

16112611

こちら宿毛も朝晩はずいぶんと冷え込むようになりました。
先日ニュースで、東京では54年ぶりの初雪を観測と聞きました。
インフルエンザの流行も始まったようですし、皆様も体調を崩されませんよう、どうぞお気をつけくださいませ。

さて、2017年の文旦と小夏ちゃんの販売についてのお知らせです。
ただいま準備中ですので、準備ができしだいネットショップをオープンいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。
価格は販売期間等、2016年と変わらない予定です。

文旦も上記の写真の通り、順調に育っています。
まだ緑色が残っている部分もありますが、これからの冷え込みでもっと黄色く色づいて、味もおいしくなっていきます。
2016年の夏は厳しい気候で台風も上陸したのですが、おかげさまで文旦達は無事に乗り切ってくれました。
小夏ちゃんもいつもとおり優等生で順調に成長していますので、ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

◎文旦(ぶんたん)の自己紹介です

09030911

文旦は「ぶんたん」と読みます。
高知県特産の柑橘です。
まつおか文旦堂のある宿毛市(すくもし)の特産品でもあります。

特徴は、まずなんと言っても大きいこと。
1玉が500グラム以上あります。
外皮はツヤツヤとしたきれいな黄色が目を引きます。
爽やかな香りと上品な甘み、ぷりぷりとした食感は、小さいお子様はもちろん、今まで柑橘は苦手だったとおっしゃる年配の男性にも、老若男女のみなさまから幅広く気に入っていただいています。
ジューシィでぷりぷりした実ですが、汁はベタベタしないので薄皮がスルッとむけて、とても食べやすいです。

文旦のさわやかな甘みの秘密は「果糖」であること。
他の多くの柑橘は「しょ糖」といって砂糖の成分の甘さですが、文旦はハチミツの糖分である「果糖」だから後味さわやかな甘さなんです。

大変なのは、厚い外皮をむくとき。
包丁で切れ目を入れて、力を入れてグイッとむく必要があります。
でもその厚い外皮のおかげで、実の水分の蒸発を防いで、日持ちします。
旬の初めは、酸味のあるフレッシュな味。
旬の中頃は、甘みと酸味のバランスのよい味。
旬の終わり頃は、熟した甘い味、と味の移り変わりを楽しむことができます。

実にはビタミンC、ビタミンP、カリウム、皮にはオーラプテン等の栄養を含んでいます。
また、厚い外皮を利用して、マーマレードや砂糖漬けを作るのも美味しいです。
お風呂に入れて香りを楽しんだりもできますよ。

まつおか文旦堂はとても小規模の農家ですが、その分畑のすみずみまで目が届きます。
文旦の樹1本1本をていねいに観察して、まめに世話をしています。
また、大変手間はかかりますが熟してから収穫し、さらに酸味が抜けるまで追熟させてからお客様へお届けしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

◎無断転載について

まつおか文旦堂のホームページにお越しくださり、ありがとうございます。
当ホームページ内の内容は、文章・写真等全て、無断転載を禁じています。
無断転載していらっしゃるかたは、ただちに削除してくださいますようお願いいたします。
特に、文旦や小夏ちゃんの加工品でご商売されていて、その加工品を宣伝・販売する際に当ホームページの写真を無断転載されているお店が目立ちます。
当農園とお取引がございませんのに当ホームページの写真を使用されますと、お客様が誤解されますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年12月 »